本文へスキップ

流行り廃りはそれほどなさそうな植木業界ですが。

生垣

プリペット

植木屋さんで売れ筋の庭木

半常緑の低木として名を馳せているプリペットはモクセイ科イボタノキ属で、生垣 にピッタリだと植木屋さんも絶賛するオチャメな植物です。 庭木にしては成長の早い種類になり、激しい刈り込みをしても弱ってしまうことの ないタフさも備えているので家庭用の生垣にはお勧めです。 わざわざ業者に依頼して剪定してもらわなくても、週末にご主人がチョキチョキ してお世話すればいいので管理も簡単です。 夏には美しい花を咲かせるので子供も大喜び、奥さんも大喜びのみんな大満足の 誰にでも推薦したくなる庭木でしょう。 剪定は素人にも手に負える範疇ですし水遣りも簡単ですが、熱中症になりそうな 暑い夏には頻繁に水分補給してやらなければならないので、昼間に自宅にいる奥さん が旦那さんにかわってお世話をしてあげる必要があるかもしれません。 水不足になると葉っぱが乾燥するように弱っていくので、天気予報で最高気温が 高い日には注意しましょう。


レッドロビン

レッドロビンも生垣用の庭木として人気の高い常緑植物で、名前もかっこいいので 草木を愛する少年少女だけでなくロボット好きの青年にも注目されやすい種です。 レッドと付くとそれだけで男性の好感度は3割り増しになり、枝や葉の付き方とは 無関係に応援したり庭に植えたくなってしまいます。 名前により印象が変わるのは人名だけでなく植物も同じことで、少年心をくすぐる ような名を持つ庭木が身近にあれば、そこで遊んで育つ子供はきっと植物を慈しむ 心を持って成長することでしょう。 元々は日本にはなかった品種で、カナメモチ系の交雑よってできたアメリカ生まれの 生垣向け植物ですが、今では日本でも珍しくはない植木です。 お世話も簡単な部類になり、素人が休日に剪定をすればあえて植木屋さんに依頼 しなくても見られる形状にすることができます。 よほどひどい刈り方をしない限りは弱らせることもないので、神経質に庭木の 健康を気にする人でなくても管理は可能でしょう。


ウバメガシ

ウバメガシは乾燥に強いので水遣りが不得手な人でも安心の品種です。 温かい地域の山林にも自生している常緑広葉樹で、生命力が強そうな気がしますし 本当に逞しいので生垣としてもよく植えられています。 花を咲かせた後は小さなドングリを実らせるので、小さいお子さんのいる家庭なら きっといろいろな利用法もあるのではなでしょうか。 収穫して晩御飯に用いたり爪楊枝を刺してコマにしたり、男の子のオモチャにも なるので男性の園児が家族にいるのなら植木屋さんもウバメガシを一押しします。 自宅にいなくても町内にオトコの子が多ければ配ってあげると懐くので、ご近所 付き合いにも有効利用できるでしょう。 生垣を鑑賞するだけでなく庭を見栄え良くまとめてくれますしドングリも収穫できる、 まさに一石二鳥の庭木がこのウバメガシです。 生垣選びで迷った人はこれを選んでおけば間違いありません。